日テレNEWS
国際
2012年1月16日 23:02

石油運搬船が爆発、5人死亡 韓国

 韓国西部・仁川の沖で15日、石油運搬船が爆発し、韓国人ら5人が死亡、6人の行方がわからなくなっている。

 15日午前8時過ぎ、仁川港から南西約30キロの海上で、4200トン級の石油運搬船が突然、爆発し、船体が2つに折れた。船には韓国人とミャンマー人の乗組員計16人が乗っていて、5人が救助され、5人が死亡、6人が行方不明となっている。船は15日朝、韓国中部の港を出発。仁川港で積み荷のガソリン6500トンを降ろして戻る途中で、爆発当時はタンク内の清掃中だった。

 仁川海洋署は、タンク内に残った気化したガソリンに静電気などが引火した可能性があるとみて、爆発の原因を調べている。