日テレNEWS
国際
2014年12月17日 16:14

大韓航空・前副社長 検察に出頭

 大韓航空の趙顕娥前副社長が乗務員のサービスに激怒し、動き始めていた航空機を引き返させた問題で、17日午後、趙前副社長が検察に出頭した。検察は、航空法違反などの疑いで調べている。

 大韓航空の趙前副社長は、17日午後2時前、沈痛な面持ちで検察に出頭した。

 趙前副社長「申し訳ありません」

 韓国の国交省は、趙前副社長が航空機を引き返させる際、機内で大声を出したり暴言を吐いたりしたと認定。検察は、こうした行為が航空保安法に違反した疑いがあるとみて趙前副社長を調べている。また、航空機から降りるよう命じられたサービス責任者は、趙前副社長から暴行を受けたと証言していて、検察は暴行の有無についても詳しく確認するものとみられる。

 韓国メディアは、趙前副社長の容疑が固まった場合、検察が趙前副社長の逮捕状請求を検討していると伝えている。