日テレNEWS
国際
2015年7月27日 15:46

アサド大統領「兵力足りない」 異例の訴え

アサド大統領「兵力足りない」 異例の訴え
(c)NNN

 内戦が続くシリアのアサド大統領は26日、テレビ演説し、「兵力が足りない」などと述べた。大統領が苦戦を強いられていることを認めるのは異例。

 「我々はよく戦っています。ただ、兵力が不足しています」-今年初めて国民向けのテレビ演説をしたアサド大統領は、5年目に入った内戦で兵力不足に陥っていることを認めた。さらに、「重要な地域の防衛に兵力を集中するため、地域によっては放棄せざるを得ない」と述べた。大統領が国民に対して苦戦を認めるのは異例。

 アサド政権軍は反政府勢力や過激派組織「イスラム国」との戦闘で、北西部のイドリブ県などで劣勢のほか、中部の都市パルミラを失っており、シリア人権監視団によると、政権側が支配しているのは、国土のわずか25%にすぎないという。