日テレNEWS
国際
2015年9月14日 7:07

ドイツが国境管理強化 難民流入を制限

ドイツが国境管理強化 難民流入を制限
(c)NNN

 ヨーロッパに殺到する難民や移民の最大の受け入れ国であるドイツが、一時的に国境の管理を再開したことを明らかにした。難民を制限するのが目的だという。

 これは、ドイツのデメジエール内相が13日、明らかにしたもので、特に難民が流入するオーストリアとの国境管理を強化するという。ドイツとオーストリアなど周辺国は、出入国審査を受けることなく自由に行き来ができる協定に加盟しているが、デメジエール内相は「現在のドイツへの流入を制限することが目的だ」としている。また、ドイツとオーストリアを結ぶ鉄道も13日から14日にかけての12時間にわたり運休すると発表した。

 AFP通信によると、オーストリアとの国境に近いミュンヘンにはこの2週間で6万3000人の難民が押し寄せたという。