日テレNEWS
国際
2016年1月8日 0:58

サウジ、イエメンのイラン大使館を空爆か

サウジ、イエメンのイラン大使館を空爆か
(c)NNN

 サウジアラビアがイランとの外交関係を断絶し、緊張が高まるなか、イランは7日、イエメンにあるイラン大使館をサウジアラビアが空爆したとして強く非難した。一方、サウジ側はイエメンの武装組織を狙ったものだと反論している。

 イランの国営メディアは7日、イエメンの首都・サヌアにあるイラン大使館がサウジアラビアにより空爆され、複数のけが人が出て、建物が損傷したと伝えた。イラン外務省は、「国際条約違反だ」と強く非難している。

 一方、ロイター通信によると、サウジ側は、イランが支援しているとされるイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」のミサイル拠点を狙ったもので、「フーシ派」は使われていない大使館などを拠点として利用していたと反論している。

 イエメンでは、サウジが支援する政権側と「フーシ派」との間で内戦状態となっていて、サウジを中心とした連合軍が空爆を続けていた。