日テレNEWS
国際
2016年1月13日 12:30

朴大統領、北朝鮮制裁で中国に協力呼びかけ

朴大統領、北朝鮮制裁で中国に協力呼びかけ
(c)NNN

 韓国の朴槿恵大統領は13日、国民に向けた新年の談話を述べた。この中で朴大統領は、北朝鮮への制裁の必要性を訴え、「中国の役割が重要だ」と述べた。

 朴大統領「最も強力な制裁決議の採択に向け、すべての外交的努力を尽くす。その過程で中国の役割が重要だ。中国が安保理常任理事国として必要な役割を果たすと信じている」

 北朝鮮が水爆実験を行ったと主張したことをめぐり、国連安全保障理事会では、北朝鮮への新たな制裁を盛り込んだ決議を検討しているが、北朝鮮と関係が深い中国の動きが焦点となっている。

 談話の中で朴大統領は、「密接なコミュニケーションをとってきた中国政府が朝鮮半島の緊張をさらに悪化させるようなことはしないと思う」、「困難なときに手を取ってくれるのが最高のパートナー」と述べ、安保理決議の採択に向け、足並みをそろえるよう中国に協力を呼びかけた。

 一方で、いわゆる従軍慰安婦問題の解決に向けた日本と韓国の合意については、韓国の反対世論を念頭に「100%満足できる結果ではなかったが、困難な問題で合意できたことを認めていただきたい」と理解を求めた。また、日本大使館前の慰安婦像の移転については、「政府がどうこうしろと言える問題ではない」と述べた。