日テレNEWS
国際
2016年2月4日 11:53

北の発射予告 韓国大統領「容認しない」

北の発射予告 韓国大統領「容認しない」
(c)NNN

 北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射予告について、新たな動き。アメリカの研究機関は3日、衛星写真を公表し、北朝鮮北西部のミサイルを組み立てる建物の周辺に車両が増えていると指摘した。

 北朝鮮は、今月8日から25日の間に人工衛星の打ち上げと称して、事実上のミサイル発射を予告している。こうした中、アメリカの北朝鮮研究機関「38ノース」は今月1日に撮影した北西部・東倉里のミサイル発射施設の衛星写真を公表した。

 発射台近くにあるミサイルを組み立てる建物の周辺に先週から車両が増え、バスなど9台が確認できるとしている。これは4年前のミサイル発射前にも見られた兆候に似ているという。発射台の一部はカバーがかけられたままで、人の動きもないということだが、通告した期間内に発射を行える状態にはあると分析している。

 一方で韓国の朴槿恵大統領は、「北朝鮮の発表は決して容認しない」と警告した。