日テレNEWS
国際
2016年4月14日 11:18

韓国総選挙 与党・セヌリ党第1党から転落

韓国総選挙 与党・セヌリ党第1党から転落
(c)NNN

 韓国で13日行われた総選挙は、与党のセヌリ党が、大きく過半数を割り込んで第1党から転落し、朴槿恵大統領は今後、厳しい政権運営を迫られることになった。

 13日行われた総選挙(定数300)の開票は、14日朝までにほぼ終わり、開票率99.9%で与党・セヌリ党は、目標の過半数を大きく割り込む122議席にとどまり、最大野党・「共に民主党」の123議席を下回って第1党から転落した。セヌリ党の金武星代表は、「惨敗の責任をとる」として代表の座を退く考えを示した。

 セヌリ党は候補の公認をめぐる派閥争いで批判を受けたのに加え、低迷する韓国経済の立て直しで成果を出せていない朴槿恵政権に対する不満も根強かったものとみられる。

 任期が残り2年を切った朴大統領の求心力は大きく低下することになり、慰安婦問題をめぐる日本との合意の履行に影響がでる可能性もある。