日テレNEWS
国際
2022年7月31日 1:08

NY州「サル痘」で非常事態宣言 ワクチン接種など対策強化へ

NY州「サル痘」で非常事態宣言 ワクチン接種など対策強化へ

「サル痘」の感染拡大を受けて、アメリカ・ニューヨーク州は29日、非常事態を宣言しました。ワクチン接種を加速するなど、対策を強化するとしています。

ニューヨーク州のホークル知事は29日、サル痘の感染拡大に迅速に対応するため非常事態を宣言しました。より多くのワクチンを確保して接種を加速するとともに、検査能力を拡大するなど、対策を強化するとしています。

アメリカのCDC(=疾病対策センター)によりますと、ニューヨーク州の「サル痘」の感染者数は29日時点で1300人あまりで、アメリカ全体の感染者数の4分の1以上を占めています。

一方、南米ブラジルの保健省は29日、サル痘に感染した41歳の男性が死亡したと発表しました。男性はもともと血液のがんで免疫力が低下し、治療を受けていたということです。

ロイター通信によりますと、アフリカ大陸以外で初めての死亡例だということです。

また、スペインでも29日、初めてサル痘感染による死者が確認されています。