日テレNEWS
国際
2017年3月8日 5:12

北朝鮮ミサイル“在日米軍基地の攻撃部隊”

 北朝鮮は6日に行われた弾道ミサイルの発射について、在日アメリカ軍基地を攻撃する部隊による発射訓練だったとして、映像を公開した。

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは7日、4発の弾道ミサイルが同時に発射される様子を複数のカメラで捉えた映像を放送した。このほか複数の写真とともに「訓練が成功裏に行われた」と報じていて、現地で指導した金正恩委員長は「4発の弾道ミサイルが曲芸飛行のように同じ姿勢で飛んでいる」と、精密な飛行性能を喜んだとしている。

 また、米韓合同軍事演習への反発が強調されたほか、発射訓練を行った部隊については「有事の際に在日アメリカ軍の基地を攻撃する任務を持つ部隊」だと言及している。北朝鮮に対し連携して厳しい姿勢で臨むアメリカと日本をけん制する狙いがあるとみられる。

 一方、韓国は発射されたミサイルの種類について、韓国軍が「スカッドの改良型」との見方を示し、情報機関は「スカッドERの可能性がある」としている。