日テレNEWS
国際
2020年10月7日 12:17

感染拡大続く…バイデン氏討論会に“条件”

来週予定されているアメリカの大統領選挙の討論会について、民主党のバイデン氏は6日、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染している間は開催すべきではないとの考えを示しました。

バイデン氏「大統領の新型ウイルス感染が続いているようなら討論会をすべきではない」

バイデン氏は「大統領との討論を楽しみにしている」としながらも、このように述べ、開催に条件をつけました。

トランプ大統領とバイデン氏による2回目の討論会は、今月15日、フロリダ州での開催が予定されています。大統領は討論会について、ツイッターに「楽しみにしている。素晴らしいものになるだろう!」と投稿し、出席する意向を示しています。

ただ、ホワイトハウスでは6日、新たに大統領の側近のひとり、ミラー上級顧問の感染が確認されるなど感染拡大が続いています。

こうした中、トランプ大統領は、「新型ウイルスの致死率はインフルエンザよりはるかに低い」とウイルスの脅威を軽視する投稿を行い、ツイッター社から「誤解を招く」として警告を受けました。