日テレNEWS
国際
2020年11月24日 21:29

強硬措置 韓国法相が検事総長の職務停止

韓国の文在寅政権と検察の対立が激化しています。24日、秋美愛法相は検察トップの検事総長について不正を確認したとして、職務を停止すると表明しました。

韓国・秋美愛法相「検事総長としての職務遂行はこれ以上、許されないと判断し、本日、検事総長に対し懲戒を請求し、検事総長の職務執行停止を命令した」

韓国の秋美愛法相は夕方、緊急の記者会見を行い、尹錫悦検事総長の懲戒を請求し、職務を停止すると発表しました。理由について秋法相は、尹総長が保守系メディアのオーナーに会ったことなどが倫理規定に違反し、政治的な中立性を損なったと主張しました。

一方、尹総長側もコメントを発表し、「政治的な中立性を守るため一点の恥もかかず役目を果たしてきた」と反論。「不当な処分に最後まで法的に対応する」と徹底的に争う姿勢を示しました。

政権側が検察トップの職務停止という異例の強硬措置をとったことで、内政の混乱は避けられないものとみられます。