日テレNEWS
国際
2021年1月25日 10:48

残る作業員の救出活動続く…中国金鉱爆発

中国東部の山東省の金鉱で爆発事故により閉じ込められていた作業員11人が24日、2週間ぶりに救出されました。

24日は閉じ込められていた作業員が2週間ぶりに救い出され、現場は騒然としていましたが、現在は、掘削機械は止まり、静まりかえっています。

作業員を救い出すための穴を掘るのに来月上旬までかかるとの見方も出ていましたが、24日午前、地下600メートルの坑道まで穴を貫通することに成功し、閉じ込められていた作業員が次々に救い出されました。

救助された作業員「(Q.体の状態はどうですか?)まあまあです。(今、何がしたいですか?)家族に(無事を)知らせたい。家族に私たちが生きていることを知らせたい」

中国メディアによりますと、救い出された作業員11人のうち1人は2週間、食事がとれておらず、極度に衰弱しているということです。

一方、現場ではまだ10人の行方が分かっておらず、懸命な救出活動が続いています。