日テレNEWS
国際
2021年4月13日 7:46

バイデン氏、半導体の生産と供給網強化訴え

アメリカのバイデン大統領は12日、世界的な供給不足が続く半導体のメーカー幹部らと対応を協議しました。半導体分野で影響力を強める中国に対抗するべく、生産と供給網の強化を訴えています。

バイデン大統領「中国や世界の国々は待ってくれない。アメリカは研究開発や製造におくれをとっており、率直に言って、能力を高める必要がある」

協議には、台湾や韓国のメーカー、半導体を扱う自動車大手の幹部が出席しました。バイデン大統領は、「中国共産党は、半導体の供給網を支配しようとしている」と警告する国内の議員団からの手紙を紹介しながら、官民をあげての半導体の生産や供給網の強化を訴えました。

バイデン政権は、半導体の「脱中国依存」を掲げていて、今週16日の日米首脳会談でも議題となる見通しです。