日テレNEWS
国際
2021年5月24日 16:22

ミャンマー軍が拘束 スー・チー氏、初出廷

ミャンマーのクーデターで軍に拘束されたアウン・サン・スー・チー氏の裁判が24日、首都ネピドーで行われ、スー・チー氏が初めて法廷に姿を現しました。

これは弁護士の話として地元メディアが報じたもので、出廷したスー・チー氏の健康状態に問題はなく、審理の前に弁護士と初めて対面した際には、「全ての人の健康を祈っている」と話したということです。

また、スー・チー氏が率いるNLD=国民民主連盟について、軍側は解党させる考えを示していますがスー・チー氏は「国民がいる限り存続する」と話し、解党は受け入れられないとの考えを示したということです。

スー・チー氏はクーデターで拘束されて以降、無線機を違法に輸入した罪など合わせて6件の罪で訴追されました。

これまでの審理はビデオ会議形式で行われ、実際に出廷するのは今回が初めてです。