日テレNEWS
国際
2021年10月7日 14:04

北欧で若者へのモデルナ製ワクチン接種中断

北欧で若者へのモデルナ製ワクチン接種中断
(c)NNN

北欧のスウェーデンとデンマークは、新型コロナウイルスのモデルナ製のワクチンについて、まれに心筋炎などの副反応が出る恐れがあるとして、若者への接種を中断すると発表しました。

ロイター通信によりますと、スウェーデンの保健当局は6日、モデルナ製のワクチンについて、30歳以下の人への接種を中断すると発表しました。

その理由について、接種した若者に、まれに心筋炎や心膜炎の副反応が出るリスクがあるためだとしています。こうした副反応は特に2回目の接種を受けた場合に顕著だとしていますが、「リスクは非常に小さい」ということです。

また、デンマークの保健当局も「予防的な措置」として、モデルナ製ワクチンの18歳未満への接種を見合わせると発表しました。

こうした決定を受け、モデルナ社の広報は、「心筋炎などのリスクは新型コロナに感染した場合に高まるものであり、ワクチン接種こそがこうした症状を防ぐ最善の方法である」とコメントしています。