日テレNEWS
国際
2021年12月6日 15:40

スー・チー氏に禁錮4年 “初”の判決

クーデターで軍が実権を握るミャンマーの裁判所は6日、アウン・サン・スー・チー氏に対し、扇動などの罪について禁錮4年の判決を言い渡しました。スー・チー氏の一連の裁判で判決が示されるのは初めてです。

ミャンマーで民主化を主導してきたスー・チー氏は今年2月、軍のクーデターで身柄を拘束され、10件以上の罪に問われています。

このうち、軍による政権を認めないよう扇動した罪と、選挙期間中に新型コロナウイルス対策に違反したとする罪について、裁判所は合わせて禁錮4年の判決を言い渡しました。

スー・チー氏は汚職などほかの罪についても有罪が確実視されていて、その場合、刑期は100年を超える可能性もあります。

スー・チー氏は現在76歳で、軍側は、スー・チー氏を政治から排除し、2023年に予定している再選挙に向けて有利な体制づくりを本格化させるものとみられます。