日テレNEWS
国際
2021年12月15日 21:09

“接種証明”提示「5歳以上」に 米NY

“接種証明”提示「5歳以上」に 米NY
(c)NNN

米・ニューヨークでは、屋内施設を利用するときには、12歳以上にワクチン接種証明の提示が義務づけられていましたが、この対象を5歳以上に拡大することになりました。

   ◇

世界最多の5000万人以上が感染したアメリカでは、累計の死者が80万人を超えました。(感染者 5023万3346人 死者 80万343人 米ジョンズ・ホプキンス大 15日午後5時時点)

1日の新規感染者が増えているニューヨーク。

記者(米・ニューヨーク国立数学博物館、14日)
「こちらはニューヨーク市内の博物館ですが、きょうから5歳以上の子どもにワクチン接種証明の提示を義務づけると書かれています」

これまで、屋内施設を利用するときには、12歳以上にワクチン接種証明の提示が義務づけられていましたが、この対象を5歳以上に拡大することになりました。博物館の入り口では、スマートフォンで子どものワクチン接種証明を職員に見せる親の姿も見られました。

来館者
「うちの子はワクチンを接種済みですし、いいことだと思います」

来館者
「私は自分用の電子パス、彼女はワクチンカードを持っています」

来館者(11)
「(予防接種は)いいことだと思う。無料で受けられるし」

多くの子どもたちが利用する博物館の担当者からは、前向きな声が聞かれました。

国立数学博物館職員
「周りが予防接種を受けているとわかれば、みんな安心できると思います」