×

ガザ“少なくとも6週間の戦闘休止”はたらきかけ~米バイデン大統領

2024年2月13日 10:05
ガザ“少なくとも6週間の戦闘休止”はたらきかけ~米バイデン大統領

アメリカのバイデン大統領は12日、イスラエルとイスラム組織ハマスの交渉をめぐり、少なくとも6週間の戦闘休止を目指していることを明らかにしました。

バイデン大統領は12日、ホワイトハウスでヨルダンのアブドラ国王と会談し、パレスチナ自治区ガザ地区の情勢などについて意見交換しました。

その後の記者会見でバイデン大統領は、イスラエルとハマスの人質解放をめぐる交渉で、少なくとも6週間の戦闘休止を双方にはたらきかけていることを明らかにしました。その上で「まだ隔たりはあるがイスラエルの指導者に合意に向けた努力を続けるよう促した。 アメリカはこれを実現させるために全力を尽くす」と強調しました。

また、イスラエルによるガザ地区南部ラファでの軍事作戦について「避難している住民の安全を確保する計画なしに進めるべきではない」と述べ、改めて慎重な対応を求めました。

一方、アブドラ国王も「イスラエルによるラファ攻撃は許されない。新たな人道的大惨事になることは明確だ」と非難しました。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • ガザ“少なくとも6週間の戦闘休止”はたらきかけ~米バイデン大統領