日テレNEWS
国際
2022年5月26日 15:20

ロシア 志願兵の年齢“上限”を撤廃へ “兵士不足”解消する狙いか

ロシア 志願兵の年齢“上限”を撤廃へ “兵士不足”解消する狙いか

ロシアの連邦議会は25日、志願兵の年齢の上限を撤廃する法案を可決しました。ウクライナ侵攻で軍に多数の死傷者が出ているとされることから、兵士の不足を解消する狙いがあるとみられます。

現在の法律では、志願兵の入隊の際にロシア人は18歳~40歳、外国人は18歳~30歳までとする年齢制限がかけられています。

タス通信などによりますと、ロシアの連邦議会は25日、この年齢の上限を撤廃する法案を可決しました。近くプーチン大統領の署名を経て成立する見通しです。

侵攻以降、ロシア軍に多数の死傷者が出ているとされるなか、兵士の不足を解消する狙いがあるとみられます。

ロシア国防省は、3月25日にロシア兵1351人が死亡したと発表して以来、死傷者数を明らかにしていません。