×

“LGBT”法案、自民党内の調整が難航 会議で注文相次ぐ

2023年5月8日 21:07

LGBT・性的マイノリティーの人たちへの理解を促進するための法案をめぐる自民党内の調整が難航しています。党内に根強い反対論がある中、自民党の会議で修正案が示されましたが、出席者からは注文が相次ぎました。

法案をめぐっては『性自認』を理由とした差別を禁止する文言について、自民党の保守派が強く反対しています。これを受け、会議では『性同一性を理由にした不当な差別はあってはならない』とした修正案が示されましたが、出席者からは注文が相次ぎました。

自民党・西田昌司議員「(LGBT)法律を慎重にしてほしいという意見もたくさんあるわけで、そういう方からの意見も含め聞き取りをしていくということが必要」

与党・公明党などは、来週のG7広島サミットまでに法案を成立させるべきとの考えですが、自民党内からは「サミット前の成立は難しい」との声も出ています。