日テレNEWS
政治
2016年4月1日 10:42

日米韓首脳、対北「あらゆる分野で協力」

日米韓首脳、対北「あらゆる分野で協力」
(c)NNN

 アメリカ・ワシントンを訪問中の安倍首相はオバマ大統領、韓国のパククネ大統領との3か国首脳会談に臨み、北朝鮮の脅威に協力して対応することで一致した。

 安倍首相「こうした(北朝鮮の)脅威に対処していくためには、日米韓があらゆる分野において協力を強化していくべきだ。そのことを確認できたことはたいへん大きな成果であったと思います」

 3首脳はまた、具体的な安全保障面での協力を進めるため、事務当局に指示することで一致した。安倍首相はその後、去年末の慰安婦問題の日韓合意以降初めて、パク大統領と直接会談した。

 日韓写真会談の雰囲気について同行筋は、去年11月の首脳会談よりも「はるかに親しみを持った雰囲気だった」と話している。両首脳は日韓合意について、「着実に実施していくこと」で一致した。

 一方、安倍首相と個別に会談したオバマ大統領は、普天間基地移設を巡る国と沖縄県との訴訟を巡り、「なぜ和解に応じたのか。工事がどのくらい遅れるのか」などと懸念を示した。安倍首相は、和解は「急がば回れ」という判断で、辺野古への移設が唯一の解決策だという考えは変わっていないと説明した。

 北朝鮮の挑発行動が続く中、安倍首相はあらゆる分野での日米韓の協力強化を推し進めたい考え。