日テレNEWS
政治
2017年4月13日 15:30

「平和的な解決は」北朝鮮問題で首相を追及

「平和的な解決は」北朝鮮問題で首相を追及
(c)NNN

 北朝鮮問題をめぐり、日本維新の会の浅田均政調会長は13日の国会で安倍首相に平和的な方法での解決を目指すのかただした。

 安倍首相は「平和的に解決していくのは当然だ」とする一方で、軍事的な圧力も含めて「北朝鮮に政策転換を促さなければならない」と強調した。

 維新・浅田議員「平和的な方法での解決という習(近平国家)主席の考え方と安倍総理の考え方も同じでしょうか」

 安倍首相「平和的に解決をしていくということは当然のことであろうと思います。ただ残念ながら、北朝鮮自体はそういうこと(核ミサイル開発)やめなさいと、こう国際社会から言い続けてきても彼らの能力を引き上げてきたという現実があるわけでございます。北朝鮮が現在取っている政策、大きく転換するように促していかなければならないと」

 また安倍首相は、北朝鮮が神経ガス・サリンをミサイルに搭載する能力を「保有している可能性がある」として、日本政府が何をすべきか「様々な検討を行うべきだ」と強調した。

 また共産党の井上議員は、アメリカによるシリア軍への攻撃について「国際法上の根拠も不明なまま、なぜ支持をしたのか」と追及した。

 安倍首相は「化学兵器の使用は許さないという決意を支持した」とした上で、「イギリスやドイツなど多くの国も支持、または理解を示している」と説明した。