×

国民民主党が党大会 玉木代表、自民党と対峙の姿勢を明確に

2024年2月12日 16:36
国民民主党が都内で党大会を開きました。玉木代表は自民党の派閥の政治資金をめぐる事件を批判した上で、自民党と連携ではなく対峙していく姿勢を明確にしました。

国民民主党・玉木代表「これからも変わらず、対決より解決の姿勢で、政策本位で取り組みますが、それは『正直な政治』が貫かれていることが大前提です。国民民主党は今回の自民党の派閥の裏金問題は看過できません」

採択された活動方針には、従来の「給料を上げる。国を守る。」に加え、「『正直な政治』をつらぬく。」と明記されました。

国民民主党は、これまでガソリン税を引き下げる「トリガー条項」の凍結解除などで自民党との連携を模索してきましたが、派閥の政治資金をめぐる事件を受け、逆に対峙していく姿勢を明確にした形です。