日テレNEWS
政治
2019年11月14日 21:36

「桜を見る会」 安倍首相の説明を求める

「桜を見る会」 安倍首相の説明を求める
(c)NNN

来年度の開催中止が発表された首相主催の「桜を見る会」をめぐり、野党側は安倍首相の説明を求め攻勢を強めている。

共産党・田村議員「総理推薦として上がってきた名簿について、何らかのチェックを行ってきましたか」

内閣府・大塚官房長「重複がないかどうかと、そういったチェックはしております」

共産党・田村議員「功労功績のチェックなんか、何もしてないっていうことですよ。安倍事務所に対して(人数の)上限、目安、こういうものを示していましたか」

内閣府・大塚官房長「特に何人みたいな枠についてお示しするようなことはございません」

共産党・田村議員「(首相らとの)個人的なつながりで、どういう功労功績があるかもわからないような、そういう方々がどんどん増えていたら、この桜を見る会の趣旨が全く変わっちゃうってことじゃないですか」

野党側は「首相本人でなければ答えられないことが多数出てくる」として、安倍首相も出席する予算委員会の集中審議を求める方針。

安倍首相の後援会が「桜を見る会」の前日に都内のホテルで開いた懇親会について、立憲民主党の安住国対委員長は「5000円の会費とのことだが、ホテルに確認したところ最低でも1万1000円からとの答えを頂いた」として、不適切な資金の流れがなかったか追及を強めることにしている。

これに対し、菅官房長官は会見で、「5000円で出来ないことはないのではないか。想定の範囲内だと思う」と反論した。