日テレNEWS
政治
2020年8月22日 19:38

日米 北朝鮮のミサイル問題など連携確認

河野防衛大臣が22日、在日アメリカ軍のトップシュナイダー司令官と会談し、北朝鮮のミサイル問題などで日米が連携していくことを確認しました。

河野防衛相「イージス・アショアの配備を断念することになりましたが、北朝鮮のミサイルの脅威はまだ厳然として残っているわけで、どのようにそれを分析して対応していくかについて、私の個人的な考えを申し上げました」

会談は横田基地にあるアメリカ軍の司令部で行われました。会談で両氏は、北朝鮮情勢を踏まえ新たなミサイル防衛の構築に向けて日米が引き続き連携していくことを確認しました。

会談ではまた、中国当局の船が日本の尖閣諸島周辺の接続水域内での航行を続けるなど、海洋進出の動きを強めている事についても話し合われました。

会談終了後、河野大臣は「(中国など)地域情勢全般について意見交換をしたが、そんなに齟齬はない」と述べました。