日テレNEWS
政治
2020年10月30日 12:08

代表質問 公明・山口代表コロナ対策ただす

代表質問 公明・山口代表コロナ対策ただす
(c)NNN

菅首相の所信表明演説に対する代表質問で、与党・公明党の山口代表が質問に立ち、政府の新型コロナウイルス対策についてただしました。

山口代表は、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備える体制を速やかに整備するよう求めました。

公明党・山口代表「検査体制の充実や季節性インフルエンザとの同時流行に備えた取り組みをどう進めていくのか、総理にうかがいます」

菅首相「検査キットの製造メーカーに増産を要請するとともに、地域における診療体制、検査体制の整備に向け準備を進めております。発熱患者等を対象とした外来体制をとる医療機関への支援を行っております」

また、山口代表は、政府が参加しない考えを示している核兵器禁止条約をめぐり、条約発効後に開く締約国会合へのオブザーバー参加や会合を広島・長崎に招致することを求めました。

これに対し、菅首相は「これまでも立場の異なる国々の橋渡しにつとめ共通の基盤の形成に向けた努力を粘り強く促してきた。今後も国際的な議論に積極的に貢献をしていく」と述べるにとどめました。