日テレNEWS
政治
2020年11月17日 23:26

日豪首脳会談 日豪円滑化協定、大枠で合意

日豪首脳会談 日豪円滑化協定、大枠で合意
(c)NNN

菅首相がオーストラリアのモリソン首相と会談し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け連携を強化していく事で一致しました。

会談で、菅首相は「日本とオーストラリアは基本的価値と戦略的利益を共有する特別な戦略的パートナーだ」と述べました。これに対し、モリソン首相も「両国は自由と民主主義を享受し、志を同じくする」と答えました。その上で両首脳は自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、連携を強化していく事で一致しました。

また、自衛隊とオーストラリア軍が共同訓練する際の法的な地位などを定める日豪円滑化協定について、大枠で合意しました。さらに両首脳は共同声明に署名しました。

菅首相「本声明は安全保障、防衛協力や経済などの分野における、両国の協力関係の一層の強化をうたったものであり、引き続き日豪間の連携を強化をしていきたい」

声明では、また海洋進出を強める中国を念頭に「南シナ海の状況に深刻な懸念を表明し、地域の緊張を高める威圧的な試みへの強い反対を再確認した」としています。

今回の会談は菅首相にとって就任後、初めての国内での首脳会談となります。