日テレNEWS
政治
2021年3月16日 22:09

枝野代表「遺憾を超えて怒りでいっぱい」

原子力規制委員会は、新潟県にある東京電力・柏崎刈羽原発でテロ対策などのために、不正侵入を防止する検知設備が壊れ、去年3月以降、複数の場所で30日以上不正な侵入を検知できない状態が続いていたと発表しました。これをうけ、立憲民主党の枝野代表は「遺憾を超えて怒りでいっぱい」だと厳しく批判しました。

立憲民主党・枝野代表「東京電力のこの原子力に関する意識改革というものを強く促してきた立場として、はなはだ遺憾という言葉を超えて怒りでいっぱいでございます」

枝野代表は去年3月以降、複数の場所で不正な侵入を検知できない状態が続いていたことについて、「東京電力に原子力発電所を運営する資格があるのか」「福島原発事故に対する反省はどこへ行ってしまったのか」などと厳しく批判。

今回、原子力規制庁の抜き打ち検査で問題が発覚したことを受け「全国の原子力発電所において抜き打ち検査を期待したい」と述べました。

また、所管官庁である「経済産業省の責任は免れない」と指摘し、国会でも新型コロナウイルスと並ぶ最重要案件と位置づけて対応したい考えを示しました。