日テレNEWS
政治
2021年5月19日 11:45

野党、政府のコロナ対策質す 参院本会議

野党、政府のコロナ対策質す 参院本会議
(c)NNN

参議院本会議で野党側は、菅首相に対し政府の新型コロナウイルス対策について質しました。

立憲民主党の石橋議員は、緊急事態宣言の発出が遅すぎたなどと指摘し、現在の状況は「人災」だとして菅首相の責任を厳しく追及しました。

立憲民主党・石橋通宏議員「昨年から繰り返されてきた失政が招いたこの人災とも言うべき責任を、どうとるおつもりなのか。そして今、具体的にどのような策をもってこの事態に対処されるのか」

菅首相「これまでも国民の生活やなりわいへの影響も考慮しながら、具体的な指標や専門家の意見も踏まえ、その時々に必要な対策や対応について適切に判断を行ってきたものと考えております」

菅首相は「ワクチン接種の加速化を先頭に立って実行する。それまでの間は影響を受ける人への支援策を講じつつ、効果的な対策を一層徹底することで感染拡大を食い止めたい」と述べました。

また、不法在留外国人の収容や送還の規則を見直す出入国管理法改正案について、今の国会での成立を断念した理由を問われ、「与野党協議での合意を政府としても尊重することにした」と述べるにとどめました。