日テレNEWS
政治
2021年10月5日 16:25

護衛艦「いずも」F35Bが発着艦検証試験

護衛艦「いずも」F35Bが発着艦検証試験
(c)NNN

防衛省は5日、事実上の空母化に向けた改修を進める海上自衛隊の護衛艦「いずも」に、最新鋭ステルス戦闘機「F35B」が発着艦できるか検証するため、試験を行ったと発表しました。

防衛省は現在、海上自衛隊の護衛艦「いずも」の事実上の空母化に向けた改修を進めており、最新鋭ステルス戦闘機「F35B」を運用することにしています。

防衛省によりますと、3日、四国沖で、護衛艦「いずも」にアメリカ海兵隊所属の「F35B」を発着艦させる試験を実施しました。海上自衛隊の護衛艦にF35Bが着艦するのは初めてで、検証の結果、発着艦することが可能であると確認されたということです。

岸防衛相は会見で、今回の検証結果について、「日米の相互運用性の向上に資するものであり、日米同盟の抑止力、対処力の強化にもつながるものだ」と強調しました。