日テレNEWS
政治
2021年10月14日 1:20

衆議院きょう解散へ 選挙“前倒し”理由は

衆議院きょう解散へ 選挙“前倒し”理由は
(c)NNN

岸田総理大臣は14日、衆議院を解散します。今月31日投開票の衆議院選挙に向けて、事実上の選挙戦がスタートします。

岸田総理は、衆議院選挙を当初想定していた11月から前倒しした理由について、「国民の信を問うた上で一刻も早く大胆で思い切ったコロナ対策や経済対策を実現したいと考えた」と説明しています。

これに対し野党側は「実質的な国会審議から逃げるための解散だ」などと批判していて、立憲民主党の枝野代表は「ぶれ続ける岸田総理を選ぶのか、一貫している枝野を選ぶのかが争点だ」と述べ、政権交代を目指す考えを示しました。

衆議院選挙は今月19日公示、31日投開票の日程で行われます。新型コロナウイルス対策や経済政策のほか、9年近くに及んだ安倍政権・菅政権の是非、岸田総理の政治姿勢についても争点となります。