×

北朝鮮が6日朝、2発の弾道ミサイルを発射 防衛省

2022年10月6日 8:20

防衛省によりますと北朝鮮が6日朝、2発の弾道ミサイルを発射しました。

防衛省によりますと北朝鮮は6日午前6時ごろと午前6時15分ごろ、北朝鮮の内陸部から東方向に向け2発の弾道ミサイルを発射しました。

1発目は最高高度およそ100キロで350キロ程度、飛翔。

2発目は最高高度およそ50キロで800キロ程度、飛翔しました。

2発目のミサイルについて防衛省は変則軌道で飛翔した可能性があるとしています。

落下したのは北朝鮮東岸付近と日本海で、いずれも日本のEEZ(=排他的経済水域)の外側と推定されています。

現時点で航空機や船舶への被害は確認されていません。

浜田防衛大臣は会見で「北朝鮮はここ数日も立て続けに弾道ミサイルを発射している。 9月末からの短期間でも6回目と、挑発を一方的にエスカレートさせています」と指摘し北京の大使館ルートを通じ北朝鮮に抗議したことを明らかにしました。

弾道ミサイルの発射はこの1週間で4回目となり、防衛省は「過去に例がない」としています。