×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 岸田首相きょう夕方に全漁連会長と会談へ 処理水「放出時期」決定したい考え

岸田首相きょう夕方に全漁連会長と会談へ 処理水「放出時期」決定したい考え

2023年8月21日 11:33

福島第一原発の処理水の月内の放出に向け岸田首相は21日夕方、全漁連(=全国漁業協同組合連合会)の会長と会談します。

岸田首相にとって残された最後のハードルが、漁業関係者との協議です。21日のトップ会談で風評被害対策など政府の方針を丁寧に説明し、理解を得た上で放出時期を決定したい考えです。

     ◇

岸田首相と全漁連の坂本会長の会談は21日夕方に行われます。また、これに先立ち、西村経済産業相が午後2時から坂本会長と会談する予定です。

ある、処理水問題を担当する関係閣僚の1人は「漁連も放出には理解をしてくれている」と話していますが、ある政府関係者は「全漁連会長との面会が最もハードルが高い」と指摘しています。

その上で、会談の結果次第で放出時期に影響を与える可能性もあるとの見方を示しています。

■放出の時期は最短でいつごろに?

岸田首相は21日の会談で理解を得られれば、22日にも関係閣僚会議を開催し、放出する日程を決めたい考えです。

ある首相周辺は「放出は、関係閣僚会議の開催から最短2日で行える」と話しています。また、ある政府高官は「きょうの協議をふまえて放出の時期を正式決定することになる」と話していて、早ければ週内の放出の可能性も出てきています。