日テレNEWS
社会
2015年6月12日 23:47

東京五輪 追加種目に26競技団体が応募

東京五輪 追加種目に26競技団体が応募
(c)NNN

 2020年の東京オリンピックに開催都市提案で追加される種目に、26の競技団体が応募していることが明らかになった。

 2020年東京大会の追加種目は、IOC(=国際オリンピック委員会)が承認している33の競技団体を対象に募集されていたが、大会組織委員会は12日、そのうち26の競技団体から応募があったことを明らかにした。

 26競技の中には、野球ソフトボールやスカッシュ、空手など、これまでも候補にあがった種目のほか、相撲やボウリング、サーフィン、チェスやビリヤードなども名乗りをあげている。

 組織委員会では今後、IOCが示した「開催国での人気」「世界選手権の開催実績数」「チケットなどによる収入」など35項目の評価基準を参考に選考をすすめる。

 そして今月22日までに候補を絞り込んだ上で8月上旬にヒアリングを行い、9月30日までにIOCへ提案する追加種目を決定する予定。