日テレNEWS
社会
2022年4月20日 18:14

成田空港に“カメ捕獲”のワナ設置 滑走路を歩き閉鎖も…

成田空港に“カメ捕獲”のワナ設置 滑走路を歩き閉鎖も…

20日、成田空港近くの池に、網がついた小さな「いかだ」のようなものが運びこまれていきました。カメを捕獲するために、成田空港会社が設置したワナです。

記者
「成田空港の滑走路の脇にある調整池では、カメ捕獲のためのワナが設置されています」

成田空港のカメといえば、去年9月に、滑走路上を歩いているカメが発見されました。滑走路の西側にある池から出てきたとみられ、およそ12分間にわたって滑走路が閉鎖される事態になりました。

去年11月に、許可を得て池にいってみると、外来種のアカミミガメ、通称ミドリガメとみられるカメが繁殖していました。

記者(2021年11月)
「池の奥の方にカメがいますね。甲羅干ししているんでしょうか」
こうした事態を受け、20日、日光浴を好むカメの甲羅干しの習性を利用し、池の上に浮かべて捕獲するワナを4か所に設置しました。

ことし10月まで捕獲を続けるということです。