日テレNEWS
社会
2022年7月18日 20:32

感染の急拡大 3連休も“近場”が人気に 「路上飲み」でゴミ散乱も

感染の急拡大 3連休も“近場”が人気に 「路上飲み」でゴミ散乱も

全国で新型コロナウイルスの感染が急増する中、3連休でも“近場”が人気となっています。一方で、近場に人が集まることで、放置されたゴミが増えた場所もありました。3連休最終日で「海の日」の18日、観光地などを取材しました。

    ◇

3連休最終日で「海の日」の18日、天気にも恵まれた神奈川・湘南の海には、多くの海水浴客が訪れていました。

    ◇

こうした中、新型コロナウイルスの感染の急拡大がみられます。18日、東京で新たに確認された感染者は1万2696人でした。7日連続で1万人を超えています。

東京・原宿。竹下通りには多くの人が歩いていました。3連休の過ごし方を聞いてみると――

「遠出はしなくて、近場で」
「ずっと家にいました」

「近場や家で過ごした」という人や、中には、「感染の急拡大で遠出を控える」という意見も聞かれました。

「これ以上(感染者が)増えると、家にいようかなというのも考えています」

    ◇

18日、神奈川・横浜市の海沿いには、コロナ禍で定番となった日帰りレジャーの「釣り」を楽しむ人たちが見られました。

横浜市民
「距離も取れるしというところで、安全かなという感じは、自分の中でしてますね」

密を避けられ、周囲との距離を取れるのが人気の理由の1つです。魚も大漁となれば、さらに楽しいものですが――

子供
「全然、釣れないです」

結果は1匹も釣れない“ボウズ”になり、親子はリベンジを誓っていました。

    ◇

一方、18日午前10時ごろ、千葉・船橋市にある巨大レジャースポット「ふなばしアンデルセン公園」には、続々と車が駐車場に入っていきました。

午前9時半のオープン直後にもかかわらず、駐車場の1つは早くも満車になり、車を案内するスタッフもてんやわんやでした。千葉や東京など近隣からの車が目立ちました。

18日は中学生以下が入園無料ということもあり、園内はにぎわっていました。そこで出会った千葉県に住む家族は――

船橋市から来た家族
「感染者がものすごく爆発的に増えてきたので、屋内で密集しているところは避けようかなと」

感染拡大もあり、土日は家で過ごしたということですが、18日は家族サービスで来たといいます。

この日のメインイベントは、ザリガニ釣りでした。4歳の子供が挑戦すると…

「がまんだな…」
「お! きたきたきたきたきた」
「すごーい! はやーい!」

早くも1匹ゲットしました。さらに、“入れ食い”状態になり、大満足の様子でした。

「『釣れなかったらどうしよう…』かと思ったけど、問題なかったね」

    ◇

近場に人が集まると同時に増えるのが、路上に散乱するゴミです。東京・渋谷のセンター街では、商店組合が午前中から清掃に追われていました。

渋谷センター商店街振興組合 山根神一さん
「すごいですね」

中でも目立つのは、缶やペットボトルでした。道ばたに無造作に放置され、ゴミ箱もあふれて半開き状態になっていました。

渋谷センター商店街振興組合 山根神一さん
「たぶん、路上飲みだと思います」

その原因は“路上飲み”で、感染者が急増しても減ることはないということです。さらに暑さからか、飲み物容器のゴミが増えているといいます。17日は連休の中日だったとこもあり、平日の3倍ほどのゴミが集まりました。

渋谷センター街では、商店組合が毎日清掃を行っているといいますが、一人一人のマナーに頼らざるを得ないのが現状だということです。