日テレNEWS
社会
2021年5月13日 10:24

町長ら三役“医療従事者向けワクチン”接種

町長ら三役“医療従事者向けワクチン”接種
(c)NNN

茨城県城里町で先月、42歳の町長や副町長、教育長の三役が医療従事者向けに届いた新型コロナウイルスのワクチンを接種していたことがわかりました。

──どういう気持ちですか

上遠野修町長「使命感を持って仕事していますので、何ら問題ない」

城里町では、今月31日から町内の高齢者およそ6800人へのワクチン接種が始まる予定です。

これに先立ち、医療従事者向けのワクチンが届き、該当する町の職員も接種しましたが、キャンセルが出たため、先月28日、42歳の上遠野修町長や副町長、教育長ら3役を含む職員が接種したということです。

上遠野修町長「私自身については、集団接種事業を行う責任者でありますので、早期に接種を行うべきと考えておりました。医療関係者162名の中でキャンセルが12名発生し、廃棄を避けるため、私も三役も含めて職員がさらに接種を致しました」

上遠野町長は記者会見を行い、「接種した職員は集団接種に関わる職員で医療従事者に準ずるので、接種に問題ない。高齢者の集団接種が円滑に進むように準備しているので理解を賜りたい」と説明しました。