×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • きょうから水際対策緩和 入国上限撤廃など“コロナ禍前の状態”に

きょうから水際対策緩和 入国上限撤廃など“コロナ禍前の状態”に

2022年10月11日 10:26

新型コロナウイルスの水際対策が11日から大幅に緩和され、入国者の上限が撤廃されたり個人旅行が解禁されたりするなどコロナ禍前の状態に戻ることになります。

政府は、新型コロナウイルスの水際対策として行っていた一日あたり5万人の入国者数の上限を撤廃するほか、外国人の個人旅行客の入国を解禁して経済再生に向けた取り組みを加速させます。

規制緩和後も、ワクチン3回目の接種証明か出国前72時間以内の検査の陰性証明の提示が入国条件になりますが、入国制限はコロナ禍前の状態にほぼ戻ることになります。

水際対策の緩和に伴って航空各社の予約も増加しています。全日空は12月から来年1月に海外から日本に向かう飛行機の予約が、先月中旬に比べて、規制緩和が発表された先月下旬は5倍となったほか、日本航空も来月から12月の予約数が緩和発表後は3倍以上になっているということです。