×

事故増加…自転車の“悪質な交通違反”取り締まり強化 「赤切符」積極的に交付も

2022年10月31日 20:52
事故増加…自転車の“悪質な交通違反”取り締まり強化 「赤切符」積極的に交付も

自転車の“悪質な交通違反”があとを絶たないため、31日から取り締まりが厳しくなりました。取材中にも、信号が「赤」にもかかわらず、無視をする自転車が…。

   ◇

コロナ禍で増える自転車利用。31日朝、東京・豊島区ではスマートフォンを操作しながら自転車に乗る人や、イヤホンをしながら運転して、警察官に呼び止められる人の姿がありました。

自転車の“悪質な交通違反”があとを絶たないため、31日から取り締まりが厳しくなったのです。

東京都内では、自転車が絡む事故が相次いでいます。今年9月末時点と去年の同時期を比べると、今年は1万271件と、1700件以上も増加しています。

警視庁は、重大な事故につながりかねない「信号無視」「一時不停止」「右側通行」「徐行せず歩道通行」の4つの違反について、これまで“警告”にとどめていたケースでも、刑事罰の対象となる「赤切符」を積極的に交付し、検挙するということです。

取材中にも、信号が「赤」にもかかわらず、無視をする自転車が見られました。

警察官
「今、歩行者信号が『赤』でしたので、事故など起きてしまうので、よろしくお願いします」

午前中の1時間半ほどで、2人に“警告カード”が交付されましたが、「赤切符」はありませんでした。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 事故増加…自転車の“悪質な交通違反”取り締まり強化 「赤切符」積極的に交付も