×

冬一番の強烈な寒波…四国では記録的な大雪

2022年12月23日 17:01

この冬一番の強烈な寒波が日本列島に流れ込んでいます。この影響で、日本海側を中心に大雪や猛吹雪となっていて、四国では記録的な大雪となりました。週末にかけても、交通障害などに警戒が必要です。

高知では明け方から本格的な雪となりました。23日、最も積もった雪の量は14センチで、観測史上1位の大雪となりました。

また、徳島でも午前中に10センチの雪が積もり、39年ぶりの大雪となったほか、愛媛県久万高原町では33センチの積雪となりました。

石川県でも雪が強まり、金沢では23日午前8時までの6時間に、20センチの降雪を観測しました。気象台からは、「顕著な大雪に関する気象情報」が発表され、大雪にいっそう警戒するよう呼びかけられました。風も強く、最大瞬間風速31.2メートルの暴風を観測しています。

週末にかけても、日本海側の山沿いを中心に大雪や猛吹雪が続くおそれがあり、引き続き、交通障害などに警戒が必要です。