×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人・戸郷翔征 誇れる数値は「ありません」 キャリアハイの防御率・勝率も「去年より劣っているものもある」

巨人・戸郷翔征 誇れる数値は「ありません」 キャリアハイの防御率・勝率も「去年より劣っているものもある」

2023年10月19日 6:32
プロ野球巨人戸郷翔征投手が、CS日テレジータスで放送された『超ジャイアンツ』にインタビュー出演しました。

今季はエースとして24試合に先発登板し、自身最多タイの12勝、勝率は.706、防御率でもキャリアハイの2.38という好成績を残しました。
※規定投球回に達したシーズン

そんなシーズンを振り返った戸郷投手は、様々な成績でチームトップの数字を残したものの、誇れる数字について「ありません」とまさかの回答。

「すべてにおいて昨年を超えるイメージでやっていました。完投数は去年よりも増えましたけど、去年より劣っているものもあります。まだまだ、満足できるものではないです」とその理由について語りました。

また、今シーズンの投球については「スライダーとカーブを多く使う話を卓三さんとしながら、フォークを少し減らした方が打ち取れる確率が高くなるかなと思いながら入ったシーズンでした」と振り返りました。

続けて、「(スライダーとカーブを)大事なところで使えるようになったことが成長ですし、ただ奪三振数が少ないということは2つの球種の精度がまだ足りないのかなと。まだ、まっすぐとスライダーで三振をとったというイメージがないので、まだ精度が足りてないのかな」と課題と収穫もあわせて口にしました。

シーズン前にはダルビッシュ有投手らとともにWBCを戦った戸郷投手。「すごく大きい存在でした。あれだけメジャーで活躍している選手と会話できたことも一番いいところでしたし、不規則なシーズンでしたけど、たくさん学びのあったシーズンでした」と貴重な経験を振り返りました。

また、このオフについては「すごいトレーニングをしたいなと。体を大きくすることを目的に今年はいれようかな」とオフの目標についても語りました。

最後に「優勝という姿をお届けしたかったですけど、なかなかそれがかなわず、チームとしても悔しいシーズンになりました。必ず来年はジャイアンツファンを笑わせられるように、笑顔でみんなが終われるように、銀座パレードをできるように頑張りたいと思いますので、熱いご声援よろしくお願いします」とファンへのメッセージを送りました。