×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「いきなり木浪が最高すぎる!」阪神初回ピンチもショート・木浪聖也 “超美技”ダイビングキャッチ

「いきなり木浪が最高すぎる!」阪神初回ピンチもショート・木浪聖也 “超美技”ダイビングキャッチ

2023年11月4日 19:19
「いきなり木浪が最高すぎる!」阪神初回ピンチもショート・木浪聖也 “超美技”ダイビングキャッチ
阪神・木浪聖也選手(写真:時事)
プロ野球日本シリーズ第6戦 オリックス-阪神(4日、京セラドーム)

阪神は初回、先発の村上頌樹投手がオリックス打線に捕まり、ピンチを招きます。

先頭の中川圭太選手にレフト前ヒットを許すと、その後バントで1アウト2塁。さらに3番の紅林弘太郎選手に四球、4番森友哉選手のセンターフライで、2アウト1、3塁となります。

そしてここで5番頓宮裕真選手には痛烈な打球を浴びた村上投手。しかし、ヒット性の打球を阻んだのが、ショートの木浪聖也選手。ダイビングキャッチでボールをつかみ取り3アウトチェンジ。木浪選手の好プレーで、阪神はオリックスに先制を許しませんでした。

SNSでは「スーパーキャッチ出たーこれはホームランより価値ありです」「いきなり木浪が最高すぎる!」「木浪すごすぎて変な声出たw」と盛り上がりを見せました。阪神は直後の2回表、ノイジー選手のホームランで先制に成功しています。