×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “猛暑”の練習で大事なのは“食事” ラグビー堀江翔太「親のおかげで内臓強い。よく食べられる」

“猛暑”の練習で大事なのは“食事” ラグビー堀江翔太「親のおかげで内臓強い。よく食べられる」

2023年7月20日 6:30
“猛暑”の練習で大事なのは“食事” ラグビー堀江翔太「親のおかげで内臓強い。よく食べられる」
ラグビー日本代表…堀江翔太選手
ラグビー日本代表合宿(19日、宮崎県内)

9月に開催されるワールドカップに向け、宮崎県内で合宿を行うラグビー日本代表。週末の22日には、ワールドカップでも同じプールで戦うサモアとの前哨戦に臨みます。

連日、日本列島に広がる猛烈な暑さ。日中に公開された練習では、2チームに分かれての実戦形式が行われ、ポジションごとに動きの確認。

練習後に取材に応じたチーム最年長37歳の堀江翔太選手は「フィジカル強い相手なので、コンタクトエリアの部分はしっかりと勝っていかないといけない。自分たちの戦術、戦略を理解してサモア戦で出せれば」と意気込みました。

この暑さに関して対策を聞くと「いつも以上に水分は取っています。練習前に(一気に多く飲む)じゃなくて頻繁にこまめに水をしっかり取って、年も年なので練習でケガしないようにはしたいので」とコメント。

また猛暑の練習で気になっているのは体重。日頃から106キロ~107キロを維持するよう心がけており「毎3食の前、体重計乗っている。体重が結構水分抜けたりとかで減ったりするので、しっかり水分とご飯を。運良くこの年でも食べられる方なのでなんとかなっています」と食事前の体重計測で、体の変化を気にかけています。

そして37歳となった今もしっかり食事を取れていることが秘訣と話す堀江選手。

「なかなか40歳手前になると『あんま食べへんわ』って人増えてくると思うんです。けど親のおかげで内臓は強い。よく食べられるので、減りすぎたらめっちゃ食べて水分取ってみたいなことしています」

日本代表対サモア代表の一戦は、22日午後2時50分札幌ドームでキックオフします。