×

高木菜那「うまくいかないことは続くのかな」転倒レース後の心境 妹・美帆からは「何かいるのかもね」

2022年2月19日 20:57
高木菜那「うまくいかないことは続くのかな」転倒レース後の心境 妹・美帆からは「何かいるのかもね」
レース後「うまくいかないことは続くのかな」と話した高木菜那選手 (写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
北京五輪・大会16日目(2月19日)スピードスケート女子マススタート

19日、スピードスケート女子マススタート準決勝に高木菜那選手が出場。妹・美帆選手も見守る中、平昌五輪では同種目の初代女王に輝いた菜那選手が連覇をかけた一戦に臨みました。

今大会、1500mでは中国選手との接触、また団体パシュートでは最終コーナーで転倒して金メダルを逃すなど、悔しいレースが続いていた菜那選手。スピードスケート最終種目のマススタートでしたが、またもゴール直前の最終コーナー、団体パシュートと同じ場所で転倒し、準決勝敗退となりました。

レース後には、「“うまくいかないことって続くのかな”というふうに思いました」と話し、妹・美帆選手からは「何かいるのかもね」と言われたとコメントしました。

この北京五輪が集大成だと話していた菜那選手。「思い描いたようなオリンピックにはならなかったけど、心に残るオリンピックにはなった」と心境を話しました。

◇以下、高木菜那選手のコメント

――レースを振り返ってもらえますか?

「マススタートはちょっと自分の思うようなレース展開が最初からできなかった。本当にうまくいかなかったなというのがあります」

――団体パシュートでの悔しい思いがあってのきょうでした。どういった思いで臨みましたか?

「オリンピックで滑る最後のレースだったので、しっかりと楽しみたいなと思っていたんですけど、そういう気持ちで切り替えていっていたんですけど、やっぱり何か“うまくいかないことって続くのかな”というふうに思いました」

――マススタートへの怖さはなかったですか?

「やっぱり2年間インのインを滑っていないので、なかなか難しいなと思っていました。けど、ここ2日でけっこう滑れるようになっていたので、そんなに怖さはなくいけてたのかなと思いました。でも、やっぱり最後転んでしまったし、その前のレース展開もなかなかいけないなという、もっといい位置につけてたら良かったなとは思います」

――応援席の妹・美帆さんとは試合後に言葉を交わしましたか?

「もう3回ともソルトレイクから同じ場所で転んでいるので、『何かいるのかもね』と言われました」

――集大成として迎える五輪と話していましたが、終えてみてどうですか?

「うーん、私の集大成のオリンピック、思い描いたようなオリンピックにはならなかったですし、自分が取りたかった結果にもならなかったオリンピックだったんですけど…でも、“心に残るオリンピック”にはなったかなと思います」

――何が一番心に残っていますか?

「やっぱり一番心に残っているのは、やっぱりチームパシュートの後支えてくれた仲間、コーチ、トレーナー、そして日本で応援してくださる方々だったり、そういういろんな人の温かい言葉があったからこそ、しっかりとまた氷に立てたのかなと思う。本当に今回はいろんな方の応援があったり、チームの大切さだったり、そういうのが身にしみたオリンピックだなと思いますし、本当、深いオリンピックだったなと思います」

――日本で応援している人へメッセージをお願いします。

「チームパシュートで銀メダル、そして結構期待したり応援してくださっていたマススタートでは予選を通過することができず、なかなか思い描いたようなレースにできなかったんですけど、それでも皆さんの応援があったからこそ、最終日まで戦い抜けたというのは、本当に皆さんの力があった、皆さんの応援があったからこそだと思うので、本当にありがとうございました!」

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 高木菜那「うまくいかないことは続くのかな」転倒レース後の心境 妹・美帆からは「何かいるのかもね」