日テレNEWS
スポーツ
2022年4月7日 17:33

支配下再登録 2年目の19歳ソフトバンク・田上奏大「今日からがスタート」 背番号は叔父・秀則氏と同じ『70』

支配下再登録 2年目の19歳ソフトバンク・田上奏大「今日からがスタート」 背番号は叔父・秀則氏と同じ『70』
7日、支配下再登録されたソフトバンク・田上奏大投手 (C)SoftBank HAWKS

プロ野球・ソフトバンクは7日、田上奏大投手(19)の支配下登録を発表しました。

田上投手は高校3年時、投手に本格挑戦すると、2020年にドラフト5位でソフトバンクに入団。プロ1年目となる昨季はストレートが最速154キロをマーク。

しかし、首脳陣はさらに経験を積ませることを目的とし、昨年11月に田上投手の支配下登録を外し、育成選手として再契約しました。

それでも今年のキャンプで首脳陣からストレートの質を高く評価された田上投手。ウエスタン・リーグ(2軍戦)では開幕投手に抜てきされるなど、2勝0敗、防御率0.90の好成績を残していました。

今回が2度目の支配下登録となった田上投手は「今日からがスタート。これからもっと1軍で活躍できるような実力をつけていきたい」と意気込みました。

また、元ソフトバンクでキャッチャーとして活躍した田上秀則氏を叔父に持つ田上投手。背番号は叔父もつけていた『70』に決まり、「この70番で、1軍で活躍したいと思っていた」とコメント。

最後に「1軍でしっかり投げて、チームの優勝に貢献できる活躍をしたい。これからも応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送りました。