日テレNEWS
スポーツ
2022年5月14日 15:14

「阪神ええやん!」連敗中の阪神わずか“7球”で先制 マルテ犠牲フライ&サトテルタイムリー!

「阪神ええやん!」連敗中の阪神わずか“7球”で先制 マルテ犠牲フライ&サトテルタイムリー!
初回にタイムリーツーベースを放った阪神・佐藤輝明選手

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-阪神(14日、横浜スタジアム)

連敗ストップへ阪神が初回、DeNA先発・上茶谷大河投手を責め立てます。

阪神は初回、近本光司選手が初球をセンター前ヒット。続く中野拓夢選手が3球目の変化球をはじき返し2ベースヒット、2連打でノーアウト2塁、3塁のチャンスを作ります。

ここで打席には10日に1軍合流したばかりの3番・マルテ選手。DeNA先発・上茶谷投手の3球目、シュートを捉えた打球はライトへの犠牲フライに。わずか“7球”で1点を先制しました。

なおもランナー2塁のチャンスで4番・佐藤輝明選手がライトへのタイムリー2ベースを放ちもう1点追加。初回に2点を挙げ、先発・青柳晃洋投手を援護しました。

幸先のいいスタートにSNSで阪神ファンは、「阪神ええやん!」「いきなり打線仕事しすぎ」と喜びの声が寄せられています。