×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

ミスショット響きわずかに及ばず「岩崎のプレーがすごかった」石川遼大会初優勝逃す

2023年10月16日 6:25
ミスショット響きわずかに及ばず「岩崎のプレーがすごかった」石川遼大会初優勝逃す
2位で終えた石川遼選手(写真:時事)撮影は14日
日本オープンゴルフ選手権 最終日(15日、大阪・茨木CC西コース)

日本オープンで大会初優勝を狙う石川遼選手は、岩崎亜久竜選手にあと1歩及ばず2位となりました。

日本オープンでの石川選手の最高成績は2008年と2009年の2位。その後はしばらく優勝争いから遠のいていたものの、2020年には3位まで順位をあげるなど、復活の兆しを見せていました。しかし昨年は悔しい予選落ち。

ただその後に三井住友VISA太平洋マスターズを制しており、およそ1年ぶりの優勝をかけた大会となりました。

石川選手は首位を走る1組前の岩崎選手と1打差で最終18番を迎えますが、岩崎選手がバーディーを取って先にホールアウトしたため2打差に。

石川選手はイーグル以上を取らなければ優勝の可能性が消えてしまいます。

そこでツーオンを狙いたいところでしたが、石川選手の2打目が痛いミスショットとなりグリーンに乗せることはできず。このミスショットが響き、スコアを詰めることができず優勝を逃しました。

試合後石川選手は「後半、チャンスはあったけど最後ミスショットして、痛かったと思うんですけど、イーグルじゃないと届かなかったですし。岩崎選手のプレーがすごかった」と対戦相手をたたえました。

ボギーでスタートするなど序盤は波に乗れませんでしたが、石川選手は「後半なんとか立て直すことができたのは、これからの試合にも生かしていきたい。4日間悪いゴルフではなかった」とコメント。「負けたくないという気持ちはありながら、いい子たちばかり。頑張ってここまでやってきているのを見ていますし、これからのツアーも楽しみ」と後輩への思いも口にしました。

◇最終日結果
優勝 岩崎 亜久竜 -8
2  石川 遼-6
3タイ 堀川 未来夢 -3
    B・ケネディ
    金子 駆大
    幡地 隆寛
    平本 世中