×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【プロ野球球宴】ヤクルト・塩見&阪神・近本俊足コンビでセ・リーグが先制 ファン「エグすぎやろ」

【プロ野球球宴】ヤクルト・塩見&阪神・近本俊足コンビでセ・リーグが先制 ファン「エグすぎやろ」

2022年7月26日 20:11
【プロ野球球宴】ヤクルト・塩見&阪神・近本俊足コンビでセ・リーグが先制 ファン「エグすぎやろ」
ヤクルト・塩見泰隆選手と阪神近本光司選手の俊足コンビで先制点をあげた全セ
プロ野球 マイナビオールスターゲーム2022 第1戦 パ・リーグ選抜ーセ・リーグ選抜(26日、PayPayドーム)

セ・リーグは初回にヤクルトの塩見泰隆選手・阪神の近本光司選手が自慢の快足を見せ、先制点を挙げました。

この日「1番・センター」で出場の塩見選手がパ・リーグの先発、ソフトバンクの大関友久投手の初球をレフト前へ運び出塁します。さらに盗塁を決め、ここまでリーグトップの22盗塁を決めている塩見選手がノーアウトランナー2塁のチャンスを作ります。

続くバッター・近本選手はファーストへの内野ゴロでしたが快足を飛ばし内野安打とすると、こちらも盗塁でランナー2塁3塁とします。

続く3番DeNAの牧秀悟選手がレフトへ打球を上げると3塁ランナーの塩見選手がタッチアップでホームにかえり、セ・リーグが足を使って先制点をあげました。

この一連の攻撃にファンはSNSで「塩見からの近本の俊足2人は強すぎ」「塩見、近本の1,2番エグすぎやろ」とセ・リーグの俊足コンビの活躍に驚きのコメントを投稿しました。