日テレNEWS
スポーツ
2022年7月9日 15:58

ヤクルトで高津臣吾監督、山田哲人ら計14名が新型コロナ陽性判定 9日の阪神戦は中止に

ヤクルトで高津臣吾監督、山田哲人ら計14名が新型コロナ陽性判定 9日の阪神戦は中止に
9日、新型コロナウイルス陽性判定を受けたヤクルト・高津臣吾監督(左)と山田哲人選手(右)

プロ野球・ヤクルトは9日、高津臣吾監督、山田哲人選手を含む計14名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表しました。

また日本野球機構(NPB)、新型コロナウイルス対策連絡会議の専門家と協議の上、新型コロナウイルス感染防止の観点から9日の阪神戦は中止とすることもあわせて発表されました。

球団によると、8日に山田選手、濱田太貴選手が体調不良を訴え、PCR検査を受けたところ陽性と判明。

さらに9日の定期PCR検査によって高津監督、石井弘寿投手コーチ、高梨裕稔投手、清水昇投手、田口麗斗投手、松本直樹選手、内山壮真選手、奥村展征選手、長岡秀樹選手、丸山和郁選手、青木宣親選手、球団スタッフ1名の計12名も陽性判定を受けたということです。

球団によりますと、陽性判定を受けた14名は自主隔離を行い、所轄保健所の指示を待つとのことです。